パチプロ放浪記(不動 忠) - 2008/01

loyalについて

[PR]



2008年01月28日(Mon)▲ページの先頭へ
パチンコで大負けする人々


一昔前までは、ギャンブルで大借金をつくり身上をつぶしたと言っても、それは競馬、競輪、麻雀だったのですが、今は様変わりしていて、8割はパチンコ・パチスロによるのです。
今日は、このパチンコで大負けする人達の変化を考察してみます。

パチンコ店に行くほとんどの人は、勝ちを目指していくのです。しかし、結果はその目的とは裏腹に大半の人は負けてしまいます。
これはパチンコの仕組みが「ゼロサム」ゲームであり、お客から集めた売上金の中から、お店の取り分(20%前後)を差し引いた残りしか、再配分(80%前後)されない、ことによる当然の結末なのです(※ 搾取率については末尾に補足説明あり)。

だから、パチンコは、ある回は勝てても、何回もやればトータルでは負けるのが当然なのです。大多数の人はそうなっています。

それなのに、何故多くの人がパチンコに嵌まってしまうのでしょうか。
それは、今のパチンコ機種では、初心者でもベテランでも、みんな平等に大当たりをひくことができるからです。

パチンコ台が手打ちの時代では、普通の人では大きく勝つ(終了台にすること)ことは、無理でした。まして初心者やお年寄りの人なんかが打っても終了台にさせる姿を見たこともありませんでした。
ところが今では、どんな初心者だって、女性だって、良い台に座れば、プロ顔負けの、大当たりの連続で1日10万円以上を稼ぐことができます。

遊戯(遊び)をしながら簡単に10万円以上も稼げれば、忽ち射幸心の虜になります。
射幸心に満ちあふれた、このような台の出現が、多くのパチンカーを生んだ要因であり、さらには、大負けする人を生んだ最大の原因です。



ところで、今のパチンコで、大負けする人は、一体どのくらい負けていると思いますか。
近年は、なんと驚くことに1000万円以上負けている人がゾクゾク出現しているのです。

私達のように毎日、朝開店から夜閉店まで通い詰め、多くの人と知り合いになると、大負けした人に何人も出会うことができます。
どのお店に行っても何人かは必ずいます。決してごく稀な例外ではありません(たまにレジャーとしてパチンコを打つ人では伝わらないとは思いますが)。

遊戯施設も少ない田舎で、農業などをやって暮らしている人からは、都会で、パチンコで、退職金1000〜2000万円も使ってしまった、なんてことは想像もできないことだと思います。
否、田舎の人に限らず、都会に住んでいてもパチンコなんかに関心のない人なら同様でしょう。
我々パチンカーでさえ、つい十年ほど前までは、パチンコで1000万円以上の大負けする人はあまり聞いたこともなかったのです。

●つい十年ほど前までは、大負けは次のような人達がしていたのです。

サラリーマンをやっていてリストラに遭い、失業保険をもらいながら、職探しをしたけど、なかなか見つからない。
家でブラブラするのは隣近所の手前マズイので、やむなく、パチンコ店という、手っとり早い娯楽場に足が向きました。
今迄、無趣味だった人ほど、一度ギャンブルの味をしめると、忽ちハマリやすいのです。
若いときからギャンブルをやって来た人なら、ギャンブルのこともよく分かっていて、小遣いの範囲内でやるという制御心も働くのですが、こういう無趣味で生きて来た人はそれがなく、嵌まるとズルズルと深入りしてしまうのです。

そして、退職金や失業保険が底をついたって、安易にお金を借りれるサラ金があり、恥ずかしい思いもすることなくATMで簡単に借り出せるのです。
一気に数百万円も借金する羽目になるなら止める決心もつくのですが、毎日少しずつなので、「今度こそ取り戻すぞ、今度こそ……」と勝ちを目指して借金が徐々に膨らむので、止める踏ん切りがつかず、ズルズルと深みに落ちてしまったのです。

ただ、このような人がサラ金地獄に陥ったといっても借金4〜6百万円までの人が多かったのです。



●ところが、今、大負けする人の状況は様変わりしているのです。
今、パチンコで大負けしている人は、お年寄りの人が断然多いのです。
負けた金額も半端な額ではなく、一千万円以上の人がザラにいるのです。

都会では、地域住民の交流は、田舎のように頻繁にはありません。地蔵盆とかお祭りとかの僅かな交流は残っていますが、年に数日程度のことで、日常では常に孤独なのです。
都会に住んでいる団塊世代以上の人達は、とても孤独なのです。連れ合いに先立たれた1人住まいでは尚更です。

日常では、話相手もいなく、とても寂しいので、こういう人が何かのキッカケでパチンコ店を知ると、忽ち嵌まってしまうのです。
こういう人に、少しでも話かけると、とても嬉しそうに話がはずみ、止めようとしません。
誰かと会話をしたくてうずうずしていたのです。
しかも、今のパチンコでは、このような初心者でも容易に、何回に一回かは、プロ顔負けの大当たりの連チャンで1日10万円以上勝てるのです。
この大勝ちを1回でも経験すれば忽ち射幸心に取りつかれてしまうのです。
さらに、この人達は、家もあり(勿論ローン完済)、夫の退職金やそれまでの貯金もあり、生活費としても年金もたっぷりあるのです。
だから万一、退職金などの貯金を全部使い果たしたところで、年金で十分食べていける人が多いのです。

このようなお年寄りは、今までギャンブルなど無縁だった人が多いのです。だから、上記した無趣味のサラリーマン同様に、ギャンブルに対する制御心を持ち合わせていないのです。



パチンコ店という処は、ほとんどの人が負けているにもかかわらず、虚栄心による「俺は勝っている、○万円勝った」等々の声に満ち溢れている場所なのです。
お年寄りはこの声を鵜呑みにして、パチンコが大負けするゲームとは思ってないのです。自分は大敗していても、これは私だけの例外のことだと錯覚し、いずれ多くの人と同じように勝てるようになると信じて打ち続けているのです。
でも、打ち続けても、打ち続けても、決して勝てるようにはなりません。当然です。本当は、ほとんどの人も負けているからです。

このお年寄りの人がパチンコに嵌まると毎日通い詰めます。しかも早朝から夕方か閉店まで打ち続けるのです。
今のパチンコは1日で簡単に10万円以上勝てますが、逆に1日で簡単に10万円以上負けるのです。
負ける月は、とても月100万円以下には納まりません。
だから、数年で退職金1000〜2000万円もいとも簡単に無くしてしまうのです。

つい十年ほど前までは、予想もしなかった現象です。



※ ギャンブルの搾取率(還元率)
ギャンブルはそれを開催する側の運営費とか儲けとかいうものが必要になります。
その率を搾取率と呼べば、その率はギャンブルによって相当な開きがあります。
凡そは、宝クジでは50%、競馬では25%、パチンコは20%(従って還元率は80%)といわれています。
ただし、パチンコのみは、店によって10〜40%と大きく開きがあるのです。また、同じ店でも営業時期によっても大きく変動します。新装開店時は赤字(マイナス10〜20%)もあれば、それの回収時は30〜50%を取ることさえあります。



2008年01月13日(Sun)▲ページの先頭へ
それでも私はパチンコを打つ


このブログでは、「若い人が、私のようにパチンコ界にのめり込んで、貴重な人生を棒に振ることのないように」、との思いを込めて書いています。
パチンコの稼ぎで食って行こうとするなら、それ相当の覚悟はして、この世界に入って来るのでしょうが、その事前の覚悟以上に現実は厳しいものなのです。
このことは、このブログでも、「記事のテーマ」をいろいろ替えて何回も説明してきました。

しかし、パチンコ好きな読者の方より、「不動さんは、普通の人では考えられない30数年もの間パチンコをしてきたというのに、そんなにパチンコを否定されるのですか」と抗議にも似たメールを多数いただいています。

私はこのブログの「パチンコがある幸せ」でも書いたように、パチンコ大好き人間です。しかし、その弊害に陥った人も多数目にしてきています。
そこで今日は、この問題について「私の今日までの歩みと考え方」を紹介してみます。

私は小学生時代からの親友(現在、地方の県ですが十数店のパチンコ経営者)の父親がパチンコ店を経営していたため、毎日学校から帰ると夜遅く迄パチンコを打って遊んでいたのです。
昼間、店が混雑する日は遠慮して、その代わり夜通しスイッチを入れてもらって朝方まで打って遊んでいました。
その為、手打ちの特殊技能(1点目指して流暢に打てる技)を習得していたのです。
この為、パチンコで普通のサラリーマンの人の倍ほどの稼ぎがあり、このことが災いして進路判断を誤らせ、大学卒業時に就職もせず、ズルズルとパチンコを続ける羽目になってしまいました。
途中30歳前頃に誤りに気付いたのですが、もう手遅れ(この当時はこう思っていた)で、やむなく、この道を進んで今日に至っています。
このころは、日常の生活は極端に切り詰め、稼いだお金のほとんどで株式を購入していました。楽しみはこの株式が増えることだけだったのです。



こうした暮らし方の誤りに気付いた最初のキッカケは、好きな彼女ができて、結婚を申し込んだ際に、その親父さんから猛反対をされ、駄目になったことです。
が、こんなことになるのは、パチプロをやっている以上ある程度の覚悟はしていたのです。
私がパチプロをやっていて、本当に後悔したのは、次のことに出くわしたときでした。

私は学生時代は成績はトップクラスでした。
これで自己満足していました。
当時、学校の成績は中程度で、背は低く風采の上らない友人がいました。
一緒に合コンなんかに行っても、女の人は見向きもしないのです。哀れにさえ思ったものです。
後に分かったことですが、彼は、この女性に持てない屈辱をバネにして、もっぱら国家公務員上級試験に向けての猛勉強をしていたのです(だから学校の成績なんか頓着してなかったのです)。

そして彼は卒業時には見事国家公務員上級試験に合格して大蔵省に入省しました。
私はと言えば上記したように、愚かにも収入がよいパチンコを続けていこうとしていたのです。
そして卒業後、彼は東京に行ってしまって、やや疎遠になってしまいました。
同窓会で合うとか、年賀状のやり取り程度になっていましたが、10年近く経過して、結婚式の招待状が届いたのです。

その結婚式に出席して唖然としました。
相手の女性は長身ですらりとしていて、色白の物凄い美人なのです。○○院大学卒の才女です。
しかも聞けば、上流家庭(大邸宅に住み、父・兄弟は大会社の重役や医者)のお嬢さんとのことです。
このときほど我が身の処し方の間違いを思い知らされ、惨めに感じたことはありませんでした。
社会の正道の職業に就くことの重要性を改めて思い知らされました。



しかし、私は今更どうしようもなく、その後10年間ほども、社会的に認知されてないパチプロ人生を悶々と歩んでいました。常になんとかしなければと考えていました。
鉄心の仲間で、店舗を購入して商売に転業する人、資格を取得して事務所開業する人などはいましたが、一商店主・事務所主になるには資金的には問題無かったのですがどうも踏み切れませんでした。なにか大きく飛躍できる事業をしたいと思っていたのです。
その転機は以外なところからやって来ました。
友人が経営している会社(小企業)が借金だらけで倒産の瀬戸際になっているので、経営権の譲渡を条件に援助を懇願してきたのです。

渡りに船というか、即援助を申し出ました。資金は手持ち株の大半を売却しました。
こうして、社会的に認知された企業の社長に就任したのです。
世間から蔑まれることのない職業である「社長」になったのです。
社屋の社長室から、京都市内を眺めたときの満足感は格別のものでした。

しかし、就任してみると、やがて、長年パチンコばかりやってきたせいか、あのヒーバーの興奮が忘れられないのです。
しかも追い打ちをかけるように、この時、次の様な衝撃を受けることがあったのです。



このころ私の従兄弟が癌で死亡しました。歳は59歳でした。
彼は、会社勤め中は、家族だけのことを思い、まじめ一筋にやって来ました。
この間趣味などはほとんど楽しまず、それは定年退職後にと思っていたのです。
楽しみを後延ばし、後延ばしして、まもなく来る定年後には、あれをやろう、これをやろうと夢膨らませていたのです。
望遠付高級カメラ(趣味の写真撮影用)や、キャンピングカー(趣味の旅行用)もなども購入して用意していました。
ところがあと少しで定年だというときになって、癌になり半年ほどの入院生活であっという間にあの世に逝ってしまいました。

入院中は何回も見舞いに行きましたが、あるとき、付き添っていた奥さんがいなく2人きりになったとき、しみじみと私に告白してくれました。
それまでは、彼は、私のパチプロ人生を常に批判し続けていたのです。私のことを不動家一門始まって以来の恥さらしな人間だと言っていたのです。その彼が言うのです。

『今迄、君を悪く言ってきたが、すまなかった。人間には何をやらねばならない、なんてことはないんだと思う。
世間に迷惑をかけず、自分が没頭できることがあるなら、それで生きるのが一番だよ。
私は、世間の道徳みたいなものに縛られて、今まで、よい夫を演じ、やりたいことも総て我慢し、楽しみは総て退職後に残してきた。
しかし、今、失敗だったことに気付いた! とても残念だ!悔しい!悔しい!』
と、ボロボロと涙をこぼしながら、私に訴えるのです……。
それから数週間して彼は、あっけなく、あの世に逝ってしまいました。
葬式後の火葬場で、煙突から彼の煙が空に消えていく光景を見て、人生というものを深く考えさせられました。



そこで、社長就任1カ月ほどで、会社の実質経営は、友人に任せて、自分は大好きなパチンコを続けることにしたのです(ただ以後も、出資金の関係で名目上は社長を続けています)。
若い時なら、ともかくも、どうせ踏み外した人生で、この歳までやって来たのだから、残りの人生は世間体など考えず「自分が本当にやりたいことをやって行こう!」と思ったのです。

おかげで、いまは、昼はパチンコ、時折は社長としての会社の対外的業務を、そして夜は株式投資、深夜はこのブログを造ったりして、自分で納得した充実した日々を送っています。

皆さんは、今を楽しむことを後送りする人生を送っていませんか。
人生は短く、あっと言う間に終わります。
死は突然やってきます。
社会的地位やお金などどんなにあっても、死に直面すれば虚しいものです。





2008年01月05日(Sat)▲ページの先頭へ
割の合わないパチプロ人生


サラリーマンという職業は社会的に認知された職業です。日常生活の場面での扱いも人並みに受けれます。
ところが、パチプロには、そうした人並みの扱いはなく、社会の脱落者として、蔑まれに耐えて生きていかなければなりません。
そこでは「お金を稼ぐこと」が唯一の目的です。
ただ、それしかないのです。

とは言え、「遊んで(パチンコを打つこと)お金を稼ごう」という虫のいい事を考えているので、その目的達成は容易ではありません。
真実を言えば、その目的達成者は、ほとんどいません。

ところが、パチンカーは虚栄心の塊みたいな人が多く、「毎月50〜100万円は稼いでいる」とか、「先月は200万円稼いだ」……などの調子の良い話は一杯耳にします。
しかし、ほとんどはホラなのです。
それが証拠に、普通のサラリーマンの人が達成している人生の4大事業「@家族を養い、A家を建て、B子達を教育し、C老後資金を貯める」の中の一つでも達成している人はほとんど皆無です(この中の1つを達成しようとしても3〜4000万円はかかるのです)。

皆さんも周りの人で、「パチンコで稼いで家(マイホーム)を建てた」なんて話を聞いたことがないでしょう。
ほんの僅かでもいれば、ニュース性があるので、世間に広っている筈ですが、サッパリ聞こえてきません。



普通のサラリーマンなら、上記の4つ全部をごく普通に達成しているというのに、パチプロはその中の1つさえ達成が困難なのです。
私は、パチプロを30数年もやってきて、数知れない多くの自称パチプロを自認する人に出会ってきましたが、すべての達成者を見たのはたったの数人です。
30数年の間に、たったの数人ですよ。

しかもですよ。
たとえ、パチンカーで、この困難な4つの事項を全部達成したところで、その人の生活の場面では普通のサラリーマンのような評価を受けることはありません。
あくまで、パチンカーであり、社会の脱落者の扱いしか受けれません。
私は日常生活のあらゆる場面で嫌と言うほど経験してきました。

こう見ていくと、パチプロという職業?は実に「割の会わない」職業と言わざるをえません。

ですが、こんな割のあわない職業を目指す人が後を絶たないのです。
バブルが弾けて以降、特に多くなりました。
驚くべき現象です。
一体どうしてなのでしょうか。

その原因の多くは、パチンコで稼ぐことがいかに困難かと事実が、上記したパチンカーの虚栄心によるホラで、伝わらないことに起因します。
自分は負けていても、パチンコ店では、連日多くの人がつめかけているし、話をすれば、「勝った、勝った」という調子のいい話ばかりなので、きっとこの中の相当数の人は、勝っているに違いないと想像します。
だから、自分は今は負けているけど、いまに、この人達のように勝てるに違いないと思うのです。



しかし、現実のパチンカーは、1日だけを見ても、お店のお客中勝って帰る人は2〜3割と言われています。
トータルではプラスになっている人は数パーセントと言われています。
なんという厳しい現実なのでしょう。
(これに関しては、このブログの「パチンカーの虚栄心とその罪」に詳しく説明しています)。

以上見てきた如く、
●[経済面]
パチンカーでは、ある1日ではなく、1カ月〜1年という単位では、プラスになっている人は数パーセントという困難さです。
まして、普通のサラリーマンが達成している4つの人生事業の内、1つでも達成している人になると、ほとんどいないのです。
サラリーマン並の4つの事業を達成するには
まさに針の穴に糸を通すような超狭き門なのです。

それに比べて、あまり自覚はないでしょうが、サラリーマンの人の凄さがよくわかります。

●[生活面]
そして、知らねばならないのは、パチンカーの社会的評価の低さです。
近所付き合いの中で、貴方がもし、パチンカーであると知れたら、普通の人は、まともには付き合ってくれません。
私は経験しましたが、とても惨めなものです。



このようにみてくると、経済面・生活面どちらを見ても、サラリーマンは素晴らしい職業です。
サラリーマンの人は給料が安いと嘆きますが、生涯賃金はこのように素晴らしいものなのです。だから、上記した4大事業が達成できるのです。
自身は多分、何千万円という現金そのものは一生直接は手にしないので、高額を稼いでいる自覚がないだけの話です(※ 末尾に補足説明あり)。

逆の立場がパチプロです。
端的な例を経験しているので紹介します。

ある時、「月50〜100万円稼いでいる」と豪語する50歳代のパチプロに出会った時の話です。
彼の通う店(ホール)でも、評判の稼ぎ手でした。
その彼は、独身で安アパートに住んでいたので、「そんなに稼いでいる風には見えないじゃないか、君が稼いでいる証拠を見せてくれ」と迫ったところ、彼は得意気に、約2000万円ある貯金通帳を見せてくれました。
「どうだ!」とまさに天下をとった様な威張りぶりです。
確かに、パチンコの稼ぎの中から、これだけの額を貯金するには、生活費も要ることだし、大変な事なのです。
ホラだらけのパチンカーの中にあって彼は極めて数少ない稼げるパチンカーです。
パチプロとしては一応の成功者の部類に入るでしょう。

サラリーマンの人と違って、パチプロは稼いだお金は、直接手にして見ることができます。目の前の現金2000万円(通帳のこと)は大金です。
しかし、冷静に考えれば、彼の生涯をかけたパチプロでの戦いの結果が2000万円の現金です。
サラリーマンの生涯賃金の1割程度ではないですか。
彼は、パチプロとしては一応の成功者と言っていいでしょう。
しかし、世間一般の広い視野から眺めれば、結婚もできず、家も持てず、世間からは蔑まれ(彼はこの面には無頓着でした。というのも住宅街生活ではなく、近所付き合いのない賃貸アパート暮らしだった)で、まさに人生の敗北者ではないですか。

世間から隔絶したパチンコという狭い世界に長年没頭していると、目の前の○千万円という現金が、とても巨大に見えるものなのです。
まるで大富豪にでもなった感覚なのです。
ですが、2000万円程度では、家一軒買えない「端金」であることに気付かねばなりません(パチプロにはローンは下りないので不動産を買う場合は全額即金でないと買えません)。

パチンコはあくまで、余暇を過ごすためのレジャーに止めておくべきです。
サラリーマンを頑張りながら、小遣いの範囲内でパチンコを楽しみましょう。



※ サラリーマンの給料について
私は、後に倒産しかけていた会社を援助し、経営者の立場になりましたが、給料を支払う側に立つと、その支出の多さに驚きます。
各種保険料の会社負担分(約半分)や福利厚生のための支出などを考慮すると、社員のための支出は給料として直接支払っている額とほぼ同額の別の支出が必要になるのです。
大企業ならいざ知らず、中小企業では、従業員に給料を支払うために必死で働いている社長さんも多いのです。

もし、サラリーマンやっていて、上記4つを達成できないというなら、それは給料の額の問題ではなく、あなたの無駄な生活状態に問題があると思われます。





   


私(不動 忠)は30数年もパチンコ一筋で暮らしてきて(滅多にいません)、パチプロ集団「鉄心」を主宰しています。
パチンコ界では、安定的に稼いでいくことは容易ではありません。ほとんどの人がトータルでは僅かな稼ぎか負けています。
パチンコ界で、真のプロとして生きている人は、数える程しか居ません。
皆さんにこの現実を知ってもらって、深入りしすることのないように、また若い人が安易にパチプロを目指すことを少しでも躊躇してもらうため、このブログを書き、公表することを決めました。


パチンコ必勝法については、ホームページやブログで、多数主張されています。
そのほとんどは、攻略法を販売する営利目的でページを公開しています。
ですが、ある方法で打てば即ガバガバ稼げるといった夢のような方法などありません。
私のこのブログは、「パチプロの厳しい実態と、本物のパチプロがどのような方法で稼いでいるのか」の、2つの公開を目的(非営利目的)としています。
尚、このブログで、「こんなことを書いて欲しい、教えて欲しい」の希望があれば、連絡ください。なるべく希望にそった記事を書きたいと思っています。
尚、筆者の個人的メールは下記の通りです(ウエブ上のメールです)。
salon777@mail.goo.ne.jp

カレンダ
2008年1月
   
   

アーカイブ
2007年 (11)
9月 (2)
10月 (3)
11月 (3)
12月 (3)
2008年 (6)
1月 (3)
2月 (2)
3月 (1)

アクセスカウンタ
今日:6
昨日:13
累計:260,602